営業日★12時★までのご注文・ご入金確定分は当日発送致します。

LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ/リネントートバッグ/METSIKKO(全2色)

LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ/リネントートバッグ/METSIKKO(ブラック)

森の動物たちのトートバッグ

フィンランドの人気イラストレーター、マッティ・ピックヤムサの動物柄シリーズ。北欧の森をイメージした METSIKKO(メーシッコ)がトートバッグになりました!

きのこや木の実がなる木々や、動物たちが描かれた大胆で楽しいデザインは、コーディネートのワンポイントになります。さっと畳んで持ち運べる薄型のシルエットは、ちょっとしたお出かけからサブバックとして旅行先でも活躍するアイテムです。

LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ/リネントートバッグ/METSIKKO(リネン)

薄手の上質なハーフリネンで作られているため、しなやかな手触りでとても軽いのが特徴です。

LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)は、ヨーロッパの厳しい審査基準をクリアした生産者のみに与えられる「マスター オブ リネン」の称号を北欧フィンランドで初めて手にしています。

手に取ると、「なるほど」と頷ける、しっかりした質の高さを実感できます。

LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ/リネントートバッグ/METSIKKO(全2色)

柄の部分もプリントではなくすべてジャガード織りなので、裏面はカラーが反転しています。バッグを広げるたび、ちょっと嬉しくなってしまうこだわりの品質です。

LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ/リネントートバッグ/METSIKKO(ブラック)

Variation / バリエーション

  • LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ/リネントートバッグ/METSIKKO(リネン)

    リネン

  • LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ/リネントートバッグ/METSIKKO(ブラック)

    ブラック

LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ/リネントートバッグ/METSIKKO(全2色)

価格:

5,060円 (税込)

[ポイント還元 151ポイント~]
購入数:

在庫

購入

リネン

ブラック

お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる

  • ギフトラッピング可能
  • メール便可能
  • 宅急便送料:全国一律600円(税込)(北海道・沖縄・一部離島を除く)詳しくはこちら
  • 1配送先につき、合計11,000円(税込)以上ご注文いただいた場合、送料無料になります。
  • 営業日12時までのご注文・ご入金確定分は当日発送致します。
  • お支払方法は、クレジットカード、銀行振込、郵便振替、代金引換をお選びいただけます。詳しくはこちら
  • 商品の返品・交換をご希望のお客様は、商品到着後7日以内に必ずメールにてご連絡ください。事前にご連絡がない場合は、返品・交換をお受けできませんのでご注意ください。詳しくはこちら

Spec / 商品スペック

メーカーLAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ
デザインMatti Pikkujamsa/マッティ・ピックヤムサ
材質リネン60% コットン40%
サイズ横35x縦40cm
生産フィンランド
お手入れ方法 ・一度洗ってからご使用ください。
・他のものとは分けてたっぷりの60℃以下の弱水流で洗ってください。
・素材の特性上、お洗濯により5-10%ほど縮みます。
・柔軟剤は使用できません。タンブラー乾燥は避けてください。
LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ
フィンランド西部の小さな町Lapuaで1973年に創業したテキスタイルメーカーLapuan Kankurit(ラプアンカンクリ)。その名前は「Lapuaの織り手たち」を意味し、専門スタッフたちが、天然素材にこだわった上質なテキスタイルを作り続けています。特にリネン製品はフィンランドでも人気で、ヨーロッパの厳しい基準をクリアした高品質のリネン製品のみに与えられる品質証明「Masters of linen」の称号を同国で初めて手にしました。
Matti Pikkujamsa/マッティ・ピックヤムサ
「生きることは絵を描くこと」という言葉がふさわしいイラストレーター。趣味も仕事も絵を描くことというマッティは、ヘルシンキ芸術大学(現・アアルト大学)でグラフィックデザインを学びました。ヘルシンキの新聞紙に毎週日曜日に掲載されるコラムの挿絵をはじめ、絵本、テキスタイルなど活躍の場を広げています。2013年には、トーベ・ヤンソンも受賞した名誉あるルドルフ・コイブ賞を受賞。どこかマイペースで親しみやすいマッティの絵は世界中にファンがいます。日本でも個展を開催し、マッティの絵が見られる機会が増えています。

ページトップへ