[お知らせ]8/11(土)〜8/15(水)はお休みをいただきます。ご注文は受け付けておりますが、発送及びお問い合わせへの返信は8/16(木)より対応となります。

Lisa Larson/リサ・ラーソン/花瓶/セーター

Lisa Larson/リサ・ラーソン/花瓶/セーター

ワードローブをモチーフにした、絵になる花瓶。

北欧・スウェーデンを代表する人気陶芸作家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。可愛らしくて温かなユーモアにあふれるリサ・ラーソンの作品は、いつの時代も私たちを惹きつけてやみません。

1990年代から製作が開始されたワードローブシリーズの花瓶は、その名のとおり服のかたちをした花瓶です。ワードローブを花瓶にしてしまおうという発想が、リサらしくとてもユニークですよね!

そしてこの花瓶、お花がとても飾りやすく、オブジェとしてもとにかく絵になってしまう花瓶なのです。

どっしりとした存在感の『セーター』

幅があり、どっしりとした存在感のある『セーター』。手描きのような縞模様が素朴な雰囲気ですね。職人さんが焼き上げる陶器の色あいには濃淡があって、味わいのある豊かな表情を見せてくれるのも魅力です。

可憐な花を飾っても素敵だし、どしっと安定しているので、ある程度の長さの枝モノなども似合いそうです。いろいろに飾って楽しめそうですよ。

Lisa Larson/リサ・ラーソン/花瓶/セーター
(スノーボール)

お花を飾ることが、楽しくなる。

今回撮影をしてみて、改めて気づいたこと。リサ・ラーソンの花瓶は、お花がとても飾りやすい!お花初心者さんにもおすすめの花瓶なんです。

花瓶の口が狭めなので、お花は1本~数本あれば十分。簡単にバランスよく生けられます。花束は少しハードルが高くても、お花1本なら気軽に選べていいですよね。お気に入りの花を選びに、お花屋さんに通うのも楽しくなりそうです。

花瓶それ自体の佇まいに魅力があるからか、どんなお花も、素敵に絵になってしまいます。さっと生けるだけでいい感じになってくれるので、お花を飾るのが楽しくなってきますよ。

Lisa Larson/リサ・ラーソン/花瓶/セーター
(ミモザアカシア)

お花がないときは、そのままオブジェとして置いておいても絵になってくれるのが嬉しいところです。リサの動物オブジェといっしょに飾るのも素敵ですよね。

憧れのリサ・ラーソンの花瓶を、北欧インテリアに取り入れてみませんか?ご自宅用だけでなく、贈り物としても喜ばれますよ。

Lisa Larson/リサ・ラーソン/花瓶

もっと花を生けた写真を見る →

Lisa Larson/リサ・ラーソン/花瓶/セーター

セーターの背面。

Lisa Larson/リサ・ラーソン/花瓶/セーター

底には手描きのサインが入っています。

■ お客様の声

おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ thistle様 2016-07-01
大人っぽくて存在感があり素敵です。季節ごとに色々な花を飾りたいと思います。

Lisa Larson/リサ・ラーソン/花瓶/セーター

価格:

7,020円 (税込)

[ポイント還元 210ポイント〜]
購入数:

在庫

お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (1件)
この商品について問い合わせる

  • ギフトラッピング可能
  • メール便不可
  • 宅急便は550円から送ることができます。(地域によって送料が変わります)詳しくはこちら
  • 1配送先につき、合計10,000円(税込)以上ご注文いただいた場合、送料が0円になります。
  • 営業日15時までのご注文・ご入金確定分は当日発送致します。
  • お支払方法は、クレジットカード、銀行振込、郵便振替、代金引換をお選びいただけます。詳しくはこちら
  • 商品の返品・交換をご希望のお客様は、商品到着後7日以内に必ずメールにてご連絡ください。事前にご連絡がない場合は、返品・交換をお受けできませんのでご注意ください。詳しくはこちら

Spec / 商品スペック

ブランドLisa Larson/リサ・ラーソン
材質陶器
サイズ幅9.1cm×奥行き5cm×高さ13cm
生産スウェーデン

商品はすべてメーカー及び正規輸入元の検品基準に合格したものとなります。以下の注意点をご了承の上ご購入ください。

  • 製品の特性上、釉薬のかかり方や色味の濃淡、底のサインなどが1点1点異なります。
  • 表面に小さなピンホールやヘコミ、余分な欠片の付着などが見られる場合があります。
個体差 ピンホール

Lisa Larson/リサ・ラーソン
1931年スウェーデン・ヘルルンダ生まれの陶芸家。大学卒業後、スティグ・リンドベリからスカウトを受け、グスタフスベリ社に入社。数々の優れた作品を生み出し、スウェーデンを代表する陶芸デザイナーとして一躍人気を集めます。1979年に独立し、フリーデザイナーとして活躍。1992年にKeramik Studion Gustavsberg社を設立し、グスタフスベリ社時代の人気作品の復刻をメインに活動を開始。近年は作品の復刻の他に、アートピースや新作を発表するなど、現在も精力的に活動を続けています。

ページトップへ